住宅リフォーム相互リンク集

登録サイト募集中
カテゴリー
W3C検証
屋根リフォームについて考える

屋根とは建物の上部を覆っている部分です。屋根は自然現象から防ぐ役割をしています。また、自然現象以外にも大気に待っている細かいゴミや、工事の煙などからも守っています。

屋根と言われても様々な国での屋根があり、その国の気候に最も適した作りになっています。その屋根の作りがその国の文化の一つの様にも思えます。

屋根のデザインの一つとして尖ったものや緩やかなもの、平べったくなっている物とあります。尖ったものは主に積雪に対して有効につくられたものといっても良いです。

尖っていれば屋根に積もった雪が滑り落ちやすく、屋根に雪が積もった状態が少なくなり建物に対しての負担が軽減されます。

屋根の素材も様々な種類があります。茅葺やトタン、レンガや日本での瓦、スレート、コンクリートなど種類も多くあり使われています。また、建物の屋根は集合してその国や土地の風景をつくっています。これもまた、その国々で便利なものをつかっています。屋根は建築物の上部を覆うという役割のもと、色々な機能が求められています。建物の要素として当然的に求められる機能として、雨水を室内に侵入させない事。また、屋根に乗った雨水を屋根から上手く排出させる事になります。雨水が屋根に残ったままだと、雨漏りの原因に繋がります。また、風を室内に侵入させない事もあります。次に衝撃に対しても強い事。ちょっとの衝撃で屋根がつぶれてしまうと困ります。建物が頑丈である事の条件です。

 次に屋根自体の寿命に関しての機能です。風に当たり風化する物から、太陽の紫外線によって劣化していく物に対して強い事。雪が降り、屋根に雪が積もる事があれば、それが屋根に対して重さになり、その重さに対して耐える事が出来る事。その際に、雪が滑って落ちる事によって屋根が傷む事もありますので、滑雪に対しても強い事も求められます。雪と一緒に瓦が落ちてくる事があれば、尚更危険だからです。

管理